FC2ブログ

Entries

NO.7 健全な日々


 先週、今週と気持ちの良い日が続いています。
あまりの好条件に、腰の重い私も湖に出てみたくなりました。夏休みが終わって、連休(アメリカでは、レイバーデーウイークエンド、という夏の終わりの連休があります)も終わって、平日のグリースフェリーレイク、いくつかのボートは出ていましたが、写真を見ればお分かりのように、ほとんど、気持ちよさ独り占め状態。雲の形が壁紙の柄みたいで、その雲の影が、島の上に落ちて、”あら、きれい”、と思って写した写真です。

 気温の具合がちょうど良いということは、何をするにも都合がよくて、時間が足りません。朝寝するのも気持ちがいいし、起きて散歩も気持ちがいい。洗濯物も干したくなるし、花いじりも少しはしようとか、ちょっと遠くまでドライヴしてみようとか。
 気候が良いと体も動いて健全な感じです。小さい花にも、少しづつ色の変わりつつある葉っぱにも目が行きます。夜は火をたいて炎を見つめ、バーボンをなめながら森の闇に音を聞いているだけで時間が過ぎていきます。秋の夜長、と申しますが、森の闇にはいろいろな音が潜んでいて退屈しません。でも、闇の中で音を聞いて楽しめるなんて年をとった証拠のようにも思えますけど。


        雲の影みつめていたり秋の湖     涼夏

スポンサーサイト



NO.6 岸辺



 世界的にそうなのかもしれませんが、今年は天候が例年とは異なっているようです。
アーカンソーでも初春から嵐にみまわれ、多数の竜巻がたびたび発生いたしましたし、とにかく多量の雨。我グリースフェリーレイクも前代未聞の増水。八月に入ってやっと通常の状態に戻っておりました。それまでは岸の位置が50メートル以上も(筆者の目測ですが)あがってきていて、筆者お気に入りの岩場などは全部はるかかなたの水面下となっていました。下流の川のことを考えて、ダムをしばらくは開放できなかったようです。ある日、やっと従来の岩場まで歩いていけたときの写真が、前回、NO.5「犬」に掲載されているものです。この岩場でまた休憩できるね!と喜んでいたのもつかの間、岩場は今回の写真のようにまた水の下になってしまいました。ハリケーン「グスタブ」が急に向きを変えてアーカンソーの上空をゆっくりと通過したのです。熱帯低気圧に変わっていたとはいえ、またしても多量の雨。州南部の水害はひどく、大豆の収穫などに影響大。何日も停電の続いた地域もありました。

日本からも、大丈夫ですか、の声が聞こえてきましたが、我が家付近は大丈夫です。
雨雲が去ったあとは一気に秋に近づいたグリースフェリーレイクでございます。

 二枚目の写真は、岸辺で見つけたメロンです。何ヶ月間か水底だった場所に逞しく成長中でした。大きくて黄色い花は遠くからも目立っていました。近づいてよく観ると実が出来ていて、それを手にとってみてメロンだと判明した時には驚きましたね。どこから来た種なのか、たぶん生ごみの一部!?色々な想像をさせてくれるメロンでした。

 ちなみに、次のハリケーン、アイクは、キューバで大暴れした後、現在メキシコ湾にはいってます。ルイジアナでは前回の避難から戻ったばかりの人たちが、また避難するのか?、という気の毒なこととなっています。ルイジアナからテキサスへアイクはグスタブと同じような進路をとるらしいです・・・


         

             秋の空犬振り返り橋を見る      涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form