FC2ブログ

Entries

NO.17 売家



 アイスストームから三週間近くが経ち、日中はちょっとぽかっとするような日が続きます。早朝の最低気温はかろうじて氷点下を上回っています。花の芽はまだ硬いけれど、相変わらず鳥やリスなどが忙しく飛び回っています。
 そんなグリースフェリーの山の中ですが、先ごろお隣の家が売りに出されました(写真)。
我が家は角地にあり、南と西に二軒のお隣さん。南は前に紹介した老人介護の家。売家になったのは西側の家です。この家の人、州内の他の町(約一時間離れている、大学や大きな病院などもある市)に住んでいて、ここをセカンドハウスにしています。この時期(景気が悪いので家の価格も低い)に売ろうというからには特別なご事情でもおありか・・・・?
3ベッドルームそれぞれにバスルームがある家だそうです。なかなか快適そうですね。興味のある方、ウエブサイトでみられますよ。http://prefre.com/Prysock.htm
我が家の隣に住もう、またはセカンドハウスを、という勇気のある方、おられますか。
老後をアーカンソーでアウトドアしませんか?

写真の寝ている犬は、恋しかった陽だまりで爆睡のバグジー。やっと暖かくなってきたね。


     枯芝や売家の窓に空光る    涼夏

スポンサーサイト



NO.16 小さき希望



 二月五日は昨年の竜巻大災害から一年、というニュース。我が家周辺でもその爪あとはいまだに残っています。なのに今年のアーカンソーには「アイスストーム」。これは表にあるもの全てが氷に覆われる、というもので、樹木や電柱、送電線などにただならぬ影響。ストームの日から二週間が過ぎても電気の完全復旧には至っておりません。州内(主に北部。幸いにもグリースフェリーでは一時間ほど停電したのみ。インターネットは数日間駄目でしたけれど。)だけでも停電戸数は20万くらいに及んだと思われ、他州でもケンタッキーなどに大きな被害があったもようです。
何週間も停電すればこれは死活問題。テレビ、ラジオから「シェルターに行く時は枕をもっていきましょう」だとか、「**食堂は自家発電によって営業中です」など、普通じゃない情報が聞こえてきました。

 私たちが来てからのアーカンソーには「何十年ぶり」とか「こんなの初めて!」という災害が続いています。そして百年に一度ともいわれている経済不況。。。。
それでも立春が過ぎると暦どおり暖かくなってきています。今しばらくの辛抱、と思ってはいるものの、「しばらく」の長さはいかなるものか・・・

写真は、「アイスストームの日」と「立春後最初にみつけた花」


          野の花に春の明日を捜しをり      涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form