FC2ブログ

Entries

やっと咲く


 

 
今年の四月、我が家に初めて咲いた花があります。知人から分けていただいてから二年以上経って(2シーズン目)やっと花が咲いてくれました。
 
上は「オダマキ」でいいのでしょうか。今朝(25日)やっと開いているのを撮影しました。やせーた虫がのっかっていますね。蕾ができてから長いこと開かず、毎日観察していました。地味な色ですがなかなか渋い味わいの花。まだまだ蕾が沢山ありますから、長く楽しめそうです。周りに、他の株もあるので、それらにも花がつくといいのですが、少し小さいので、来年かもしれない、と思っています。
 
下のは「アイリス・クリスタータ」というアヤメ科のお花だそうです。直径6センチくらいの小さい花です。湿った感じの日陰で、地面に近いところに沢山咲いてくれました。可愛くてきれいで、今月中旬に咲いたときには感動しましたが、その命は短く、あっという間に花の盛りは終わってしまいました。
 
昨年挿し木をした紫陽花も成長中。今年は花は無理かしら・・・
紫の花が好きな私には嬉しい今年の四月です。スミレもクロッカスも紫でした。つつじも紫っぽいのが咲いています。思えば春は紫の花が沢山咲きます。
 
気候はまずまず。昨日は春の嵐、幸い竜巻に襲われることも無く、今朝はみずみずしい朝となっています。
 
               森の色清めて去りし春嵐        涼夏
スポンサーサイト



NO.41 木の芽風


 

 
 歳時記に木の芽風(このめかぜ)という言葉をみつけて、気に入ってしまいました。春の空はなかなか秋のようには青くなりませんが、たまに青さが少し濃くなると、木の芽の色がとても美しく見えます。新緑になるすこし前、まだやわらかい葉の色は繊細な中間色です。これが「萌黄色」なのですね。この、芽吹きの季節に吹く風を「木の芽風」という、とありました。数日前、いくぶん強めではありましたが、まさにこの、木の芽風がやってきました。青空に揺れる木の色がとてもきれいでした。
 
今、気温がちょうど快適。暑くなりすぎる前の貴重な時期です。写真はさきほど我が家周辺で撮影。
 
     
                  木の芽風横切ってゆくからすかな         涼夏
 

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form