FC2ブログ

Entries

NO.74 散歩再開


 
 犬を飼っていたころは、毎朝お散歩に出ていました。でも犬がいなくなるとあさっぱらから出歩くのも面倒になり、なんとなく歩かなくなって、なんと、気がつけば2年近くもの月日が流れています。猛暑ではありますが、早朝ならなんとか散歩くらいはできるし、気持ちの良い汗もかけるので、運動不足を自覚しての散歩再開。本日で三日目。散歩といっても、近所をぐるっと歩くだけです。なんとなく犬と歩いたのとは別の道をひとりで行きます。この道(写真上)は湖へつづきます。
 
湖へ出るとこんなかんじ(写真下)。雨がずっと降らなくて植物も乾燥しきっているのに、水位はとても高く、水が濁っています。この写真の場所も本来は岩場で、休んだり釣りをしたり出来るような場所なのですが、その岩が今はみんな水面下。(詳しいことはわからないのですが、この湖にはダムがあって、どうも堰きとめられているようです)泳ぐのなんてちょっと気持ちが悪い、なんて思いますが、キャンプ場などのある公園にはビーチもあり、夏休みに入った週末、レジャーには沢山の人が訪れています。

 
 旱魃のせいで、どうも自然界でも植物がよく育っていないようなのです。大抵の低木の葉はしおれていますし、ムクゲなどの花は、例年より小さくて数も少ないように思います。そういうことにどれほど影響しているのか定かではありませんが、野生の動物がお腹をすかせている様子。鹿の家族が昼間から主要道路を横断。例年以上にリスや鹿が、ただでさえ収穫の少ない作物を荒らしているようです。
 
さきほど待ちに待った夕立がありましたが、雨の量は充分ではないようです。。。
 
 
           夏木立ぬけて朝日の湖へ       涼夏
スポンサーサイト



NO.73 ちゃっかり


 
鳥のための巣箱なのに・・・・リスがちゃっかり住み着いてしまっているのでしょうか。小さめなのでシマリスか、子供たちなのかもしれません。木のかなり高いところなので、肉眼ではここにリスがいるのは見えませんでしたが、葉っぱを何者かが持ち込んでいるようなので、写真に撮ってみました。PCでみてみるとご覧の通り。ピントが合っていなくて分かりにくいですけれど。炎天下に写真を撮っている私を見下ろしています。
 
日本からの情報では、なにやら涼しいとか。過ごし易いのはよろしいですけれど、数日後に戻ってくる暑さはとても暑く感じられるでしょうね。「寒の戻り」というのはよくいわれますが、「猛暑の戻り」とは、少し恐ろしいです。どうぞお気をつけて。
 
写真、下は先ほど撮影したもの。赤い薔薇の蕾は全長1センチ弱の小さいものなのですが、その色は現在乾ききっている庭の真ん中に、まさしく「紅一点」。そして黄色のキンギョソウ。金魚に似ているからそう呼ばれるようですが、アメリカでは「スナップドラゴン」。花を左右からつまむとぱくぱくと竜が口を開けるように動くんです。
 
今週もアメリカは多くの州で猛暑、雨乞い。植物に水をやるのが大変です。雨の降りすぎも困りますけど、旱続きも困ります。ちょうどいいようにはならないようにできているのですかね。
 

 
 

 
 
        くちびるのかたちにも似て金魚草        涼夏

NO.72 トマト


 
 今年はトマトの栽培に成功!!って、おおげさですが、3月の私の誕生日にご近所の奥さんが、苗をプレゼントしてくれたので、大きな鉢に植えたものです。野菜の栽培は、私にとってはとても難しくて、ただ水をあげていればいいってもんじゃなく、トマトの場合は雨が降りすぎたりして水が多すぎると表皮が割れたような亀裂ができちゃう(これは、近所のベテランお年寄りから聞いた)らしいし、虫や病気との闘いも大変。以前ネバダ州でプチトマトを栽培していた時には、トマトホーンと呼ばれる巨大なあおむしに脅かされて、それ以来栽培を敬遠していました。
 
 その年、プチトマトがたくさんできてうれしかったのですが、あるとき、収穫中の右手に触れそうな位置にそのあおむしさんを発見。おもわず飛びのく。。。そしたら、それまで私の顔があったろう位置にももうひとつ発見!それはトマトの茎の色とそっくりの色。大きさがすごい。プチトマトを4個くらい並べた大きさです。
 騒ぐ私の目の前で夫がその虫をハサミでちょん切ったりした映像がトラウマに・・・それももう十何年も前のこと。。。。
 
 今年のトマトには幸い虫は発見されず、現在も成長中。トマトが美味しい夏になりそうです。
 
 
          飛びながら歌ふ鳥ゐて半夏生       涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form