FC2ブログ

Entries

NO.76 八月のおわりに

 今朝、我が家にはキツツキの親子が何組もあらわれ、親が子に食べ方など、つまり生き方を教えている様子を観ることが出来ました。鳥の餌場には、飛びはじめたばかりのような若い鳥たちが目立っています。ちょうど夏休みが終わって新学期の始まった子供たちと同じような感じです。一般にアメリカの学校の新学年の始まりは8月の下旬、自然界にあわせてそうなったのかしら、と、ふと思いました。
 
 学校、といえば、先日、親戚の娘さんの卒業式を見学してきました。

 
映画でよくみるような大学の卒業式をはじめて見ました。プロバスケットボールのスター選手の出身校のようで、テレビでよく見るその選手の写真やユニフォームが廊下などに飾られていました。会場は体育館なので、正面にユニフォームがかかっているのが写真にも映っています。卒業式には関係ないことですが。。。
 
 本当に暦どおり、というか、立秋後一旦涼しくなりましたが、今は再び暑い日が続いています。それでも空の様子はいくぶん秋めいております。湿度の高い朝でも、肌に風を感じるようになり、植物も多少の気温差に秋を感じているのか、小さな草花が花開いているのを目にするようになりました。

 

 

 
木も草もそして私も、「新涼」という季語がぴったりくるような風を待っています。
 
 
          露はらむ草ひそやかに花をつけ       涼夏
スポンサーサイト



NO.75 無花果が好き


 
 先日再開した散歩は、あれから毎日欠かさずに行っています。早寝早起きの習慣も気に入っています。猛暑が続き、午前8時でも30度を越えていましたが、立秋の声を聞くと、朝の気温がいくぶん下がっているようです。雨には相変わらず恵まれず、土はカラカラですけれど。周辺で夕立があってもうちにはこないのです。今日も誰かに会えば、雨乞いの話題です。
 写真は、昨日午前6時半頃のレイクです。雲の様子が少し秋に近づいている感じかな、と思って撮影いたしました。
 
 今年の夏は雨が少なくて、そして暑すぎてか、作物の出来があまりよくないようですが、個人的にはしっかり楽しんだものがひとつあります。果物をあまり好まない私ですが、無花果(イチヂク)が大好きなのです。近所にイチヂクの木があるお宅があるのですが、その木だけは今年も豊作。鳥に全部食べられてしまう前に勝手に採ってくれていいよ、といわれて、脚立に乗ってひとつひとつ自分でもぎとりました。イチヂクの甘さ、そしてその食感が好きです。お店で売っているのは見たことがないし、この時期だけの楽しみでした。
 
          
 
          水すこしきれいにみえて蜻蛉来る     涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form