FC2ブログ

Entries

NO.120 虫

 最近になって、我が家のある小さな町にコンピューターの修理屋さんができた。今月はじめ、我が家の古いコンピューターがウイルスに侵されてしまい、その修理屋さんにお世話になった。どんな人たちだろう、とジョンが尋ねてみると、とてもいい感じの親子だという。早速パソコンを持ち込んで、処理をしてもらった。簡単に済んだ。
 
と、虫退治が済んだのはよかったのだが、次に、メモリーディスクを交換してもらうことにした。。。。。これも済んで、ほっとしたのだが、修理屋さんは二人目のユーザーのことなどまったく考えていなかったため、パソコンは、日本語機能がまったく失われたまま帰ってきたのだった。
 
読むこともできなくなって、大パニック。パソコンは修理屋さんへ逆戻り。2,3日たって『できたよ』というので、みにいってみると、確かに読めるようにはなっていたが、日本語が打ち込めるようにはなってない。修理屋さんと一緒にしばらく頑張るがうまくいかない。
 
この時点で、私はお向かいのパムさんの新しいマックを、日本語入力可能にしてしまう。やっと日本語でメールができて妙にうれしかった。
 
ああ!修理屋さんたち、初めてのことで、一生懸命ではあるけれど、手探り仕事らしい。一方うちでは、もうあきらめて、日本語ユーザー用に新しいのを買おう、とほぼ意見がまとまってしまう。
 
修理屋さんがあきらめない、というので、一日待って、今日見に行ってみたら、なんと、今、できたところで、電話するところだった、って。以前と同じ格好の、「Language Bar」がもどってきていた。。。。実にめでたい。で、早速ブログをアップしてみている、というわけなのだ。
 
 コンピューターのことで、いらいらばたばたしているうちに、7月が終わりそう。今年のアーカンソーはなかなか気持ちがいい。昨年のようなひどい暑さはなく、風が心地よい。でも、庭に、初めてのあまりうれしくない現象が。下の写真。

 
これは、テラスにあるテーブルのテーブルクロス! この黒いつぶつぶは、木から落ちてくるなにか種のようなもの、とばかり思っていたのだが、これが、虫の糞だって!昼食に招いた老人にそういわれても、信じてはいなかった。が、後日、テレビの地元ニュースでも話題になっていたと聞いて驚いた。オークの木(カシワ、カシ、ナラの類)の葉を食べている小さな蛾の幼虫らしい。とにかく、毎日ものすごい量。庭弄りには帽子必須。
 
この虫の糞害、パソコン留守中の二週間ほどであらかた納まったようなので、昨日、しっかりお掃除をしたところ。鳥たちのおかげか、蛾の姿などほとんど見ないのは、本当に幸い。筆者は蛾や蝶が本当にだめなのだ。。。。
 
 
           朝曇今日はあまたの青い鳥       涼夏
 
スポンサーサイト



Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form