FC2ブログ

Entries

NO.136 鷹に会う


 
寒い日が続いて、暖かい日がきて、でも風が強かったり、そしてまた霜が降りて氷が張って。。。。と、天候不順の中、今日は、一日だけの(明日からまた寒くなるらしいのです)素晴らしいお日和。風も無く、昼ごろには気温は15℃くらいにもなりました。この日を逃すまいと、お弁当を作ってゴルフ場へ。例の通り自分勝手なゴルフを楽しんでまいりました。
 
写真は、その帰りの路上でのもの。画面ほぼ中央に鳥がいるのですが、わかるでしょうか。。。え!と思って、Uターン。片側一車線の道路には路肩に停車する余裕がなく、停車できた場所は鳥から遠くなってしまいましたので、これがせいいっぱいの接写。このあと鳥の止まっている木に近づいていきましたが、飛び立たれてしまい、撮影は不可能となってしまいました。飛び去るときには、わさわさだか、ぎこぎこだか、みたいな、翼を動かす音が聞こえました。未だかつて見たことのない大きさの、大きな鷹でした。。。
 
プロフットボールのプレイオフが終わってしまいました。。。あとは最終戦、スーパーボウルを残すのみ。サンフランシスコ49NERS は、残念でしたなあ。。。スーパーボウルはブロンコスを応援します!!
 
今月の満月は、とても明るく、早朝の私の枕元へ鋭い光を差し込んできました。下の写真は、満月の二日ほど後ですが、思わず外へ出て写真を撮るほどの明るさでした。朝7時ですので、この写真ほどは暗くないのですが、フラッシュがたかれると、こんなふうな写真になってしまいました。月を見ると、ちょうど一年前に逝ってしまった母のことが思われます。。。後悔や申し訳なさばかりでは仕方がないので、なんとか前向き思考でやっていかなければ、と思います。。。。
 

 
 
             冬の月耀ふ森に朝来る      涼夏
スポンサーサイト



NO.135 腸の内視鏡検査

検査したのが私ではないことを初めに書いておきます。
 
病院から遠いところ(100マイル以上)に住んでいるうえに、早朝6時半までにチェックインが必要ということで、前日はホテルに泊まります。リトルロックまで行くことを楽しいことにも利用しようと、夫は、前日から何も食べていないにもかかわらず、新しくオープンした、バスプロショップへ。
 

 
色々な動物の剥製のディスプレー、水槽には地元の川や湖にいる魚たち、店内は楽しくて飽きません。何時間かをここで費やしました。
 

 

 
検査後には運転ができない(麻酔がさめた直後なため)ので、運転手が同行しないとチェックインができません。なので、この検査のときはいつもお供をしなくてはなりません。そして病院内で待っていなくてはならない。同じ時間帯に同じ検査をする人たちが、それぞれの相棒(運転手)をつれてやってきます。
 
待合室で待っていると、予想より随分早く呼ばれました。ドクターらしき女性に挨拶をされ、もう検査が終わったようで、その内容、結果を聞かされました。
 
この女性がなんと、普通に日本語が話せる日本人だったんです!途中からは日本語で話を聞くことに。彼女もこの病院で日本の人に会うのは初めて、といっていました。こういうことって、本当にうれしいのです。検査結果も好ましいもので、三年前には、複数のポリープを取った、ということでしたが、今回はポリープのようなものも無く、全くきれいで、何の問題もみつからなかった、とのこと。次の検査は五年後でいい、とのことでした。
 
それを聞いて気を良くし、買い物へ。かねてから欲しかった庭いじり用の長靴は、なんと、病院の売店に一足だけ残っていた値下げ品をゲット。バスプロショップでは、サイズがなくて買えなかったのですが、ほぼ同じデザインで値段は約半分。
 

 
開店と同時に入ったデパートでは、室内履きなど、セール中の気に入ったものに出合えて二人とも満足。お雑煮用のお餅や大根も買って、忙しかったけど良い新年のスタートになりました。
 
今またひどい寒さの寒波がきています。天候不順です。雪や氷に覆われると外に出られなくなるので、病院の予約も一月三日ではありましたが、好天に恵まれて幸いでした。
 
 
         冬の日やカフェテリアにて朝の糧      涼夏

NO.134 アメリカでも年が変わりました・・・今年もよろしく


 
上の写真は、大晦日のレイク。久々の散歩で、近所の公園まで行きました。駐車場にはボートでレイクにでているらしきトレーラー付きのトラックが6台。風もなくていいお日和でした。気温は低くて、4℃くらいか。でも日差しが強く、歩けばコートを脱ぎたくなりました。モーターボートで走ったらきっと寒いでしょうから、私は遠慮させてもらいますけど。キャンプ場には誰も居ません。時々鳥たちの姿をみるばかり。クリスマスにはキャンプしている人がいたようですけど。寒いときにキャンプって、やっぱり物好きって、そう思います。
 
<下の写真>
イースタン・ブルーバードという鳥が飛び交っていました。我が家の周りにも沢山いますが、なかなか写真には撮れないです。背景が悪いし、もう少し近寄りたかったけど、この後すぐに飛び立ってしまいました。ほぼ中央に鳥が映っているのがわかりますかね。。。鳥が止まっているのは、キャンプ用の電気のアウトレットボックス。
 

 
お正月でも普段とあまりかわらない日々を送っています。普通に暮らせればそれが一番。今年も無事に、滞りなくすごせれば何より、と思っています。
 
心配なのは、もうすぐ始まる冬季オリンピック。。。。嫌なことが起こらないよう、心から祈りたいと思います。。。。
 
 
          寒林に羽音たてをり大鴉         涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form