FC2ブログ

Entries

NO.143 種蒔き

昨年は、素人ながら、トマトを種から育てて、夏中楽しみました。楽しんだことは楽しんだのですが、やっぱり、思ったとおりには育たなかった。。。トマトの大きさとか、茎の成長の仕方など。。。で、今年は何か別なものを、と思っているとき、スーパーに超お買い得の種。一袋20セント!毎年植えているバジルのほかに、シラントロ、イタリアンパセリ、ラデッシュ、さやえんどう、それにパンジー、をつい買ってしまいました。
 
少し前に買ってあった発芽用の土に、パセリ、シラントロ、パンジーを蒔きました。ラデッシュは、プランターに、間隔をおいてまきました。これらは現在のところ順調に成長中です。
 
そんな話を旧友(ノースキャロライナ州在住)と電話で話していたら、彼女が種を沢山送ってくださる!ということになり、これまでアメリカの田舎では食べたことがなかった食材を育ててみることに。昨日早速届いた種を植えました。

 

 
上の写真、右手前は、芽を出しているラデッシュ。
みつば、みずな、は大好きなので、本当に収穫が楽しみ。
 
枝豆用の畑は今作っているところです。
そこへ、バジルやパセリなども植えるつもりなのですが、畑仕事は体力が必要で、まあ、無理をしないよう、ぼちぼちとやっていきます。。。
 
昨日は、待望の茗荷竹が出てきているのを発見しました。毎年出てきてくれてうれしいことです。この茗荷も同じ友から数年前にいただいた苗なんです!大好物の茗荷、収穫量も年々増えているんです。ありがたいことです。
 
毎年出る、といえば、紫蘇。こぼれ種から発芽しているのを、今年は整理して、一部を鉢植えにしました。枝豆やえんどうのための場所を作るためです。いやはや、本当に枝豆の収穫なんてできるのでしょうか。。。期待はしすぎないようにして、気長に楽しみたいです。。。。
 
 
          花種を蒔いてをりけり夫の留守        涼夏
スポンサーサイト



NO.142 マウンテン・ヴュー


 
マウンテン・ヴューなんていう名前の町だから、山の景色が素晴らしいのか、とはじめは想像したりもしましたが・・・行ってみると、特にそういうこともなく、ごく普通のアメリカの田舎。。。ですが、なぜかここは、音楽、それもフォークミュージックの町。どういうことかというと、楽器を持った仲間が集まっては楽しんで演奏したり歌ったり、ということが日常的に行われている町、とでもいいましょうか・・・
 
この町で、今週末は、フォーク・フェスティバルでした。いざとなるとつい腰が重くなりがちなのですが、ちょうどお天気もすばらしいし、緑がきれいで、道中の眺めも良かろう、と頑張って出かけました。案の定、牧場の緑は美しく、林の中のハナミズキやハナズオウがちょうど満開。山藤の群生している道をぬけ、丘を越え、橋を渡って、我が家から北へ約一時間のドライヴ、マウンテン・ヴューに到着しました。
 
町の中心、コートハウス前にはステージが。ここで、歌やバンドのパフォーマンスやコスチュームコンテストもあるようでした。また、コートハウスの周囲にある公園では、いくつものグループが演奏、それぞれに人垣ができていました。
 

 

 

 
ごらんのように、午後になると夏のような気温、日陰をさがして歩く感じになりました。帰りの車中では冷房をいれるほどです。朝との気温差は10℃以上でしょう。日本でも寒さが戻っているようですが、この気温差、ちょっと堪えますね。
 
 
              廃屋に色淡き藤乱れ咲く        涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form