FC2ブログ

Entries

NO.152 擬宝珠の花 + 菜園報告

あまりに沢山花が咲くので、思わず写真!あたりに甘い香りが漂います。土地に合っている植物なのでしょう。年々大きくなっています。花は一日限りの命なので、枯れたものが残っていますが、だんだんこの枯れたのばかりが目立つようになってきちゃうと、「秋深し」、となり、物寂しい空気が漂ってきてしまう。。。。でも今は、清楚な姿で咲き誇っています。

 

若い葉っぱは、食用だそう。でも、似ていて異なるものがあると聞いて、試食は控えています。
 
今週、アメリカはとても気温が高くなっています。アーカンソーでも冷房に頼りっきり。湿度も高く、早朝でも外に出るとびっくりするほどの蒸し暑さです。
 
そんななか、小さいけれどいくつかの茗荷を収穫。お素麺の薬味にいたしました。
 
パプリカの実が日ごとに大きくなっています。。。。楽しみ。
 
紫蘇、バジル、イタリアンパセリは、毎日のように収穫。美味しいトマトやキュウリとサラダに。
 
ミニ大根、葉っぱだけがこれまでになく大きく成長中なのがあり、葉っぱだけでも一人分のお味噌汁の具くらいにはなりそうなので、もうこれで満足。。。。根っこのほうはちょっと怪しいが、もう少し様子を見ます。。。。大根の葉っぱ、大好きだから。
 
春にいただいた、韮の種、すくすくと成長して、細いけれど、ちゃんと韮の香りのする葉っぱになりました。昨日、レバニラ炒め、作ってみました。旨し。
 
暑いけれど、確実に日が短くなっているのを実感。朝は、明るくなるのがめっきり遅くなりました。。。ハナズオウの木が、はやくも黄葉ぎみ。夜の森には虫だか蛙だかの声が耳鳴りのように響いています。
 
 
            法師蝉途切るるたびに人恋し       涼夏
 
 
 
スポンサーサイト



NO.151 Hay Bale Garden に出会う+オポッサム

隣町まで、買い物へ行こうと家を出ました。
 
途中、ヤードセールのサインがあったので、そのほうへ曲がる・・・と、まさにがらくた市。そのがらくたを吟味していると、ホロホロチョウがうろつく!聞けば、ここではホロホロチョウを飼っているという。卵からかえったばかりの小さいのも家の中にいるとか。。。そこのばあちゃんと、話すうち、ぶらぶらとバックヤードへ。みれば、お池にはなにやら水鳥が10羽くらいの家族で暮らしている。奥にはいくつもの大きな金網小屋。これにはアヒル。アヒルの卵は毎日食べるって。。。。
とにかく広いバックヤード、動物園みたいだった。
 
そして、ガーデニング!トマトやトウモロコシ、きゅうり、なにもかも(ほかに、レタス、セロリ、ジャガイモ、さやえんどう・・・)すごく良く育っている。Hay Bale Gardening だと教わる。これは、干草を土にして行う栽培法で、思わず自分もしてみよう、と干草の入手方法を聞く。インターネットに沢山情報があるよ、とばあちゃんが言うので、検索。。。ご参考まで。
 
ばあちゃんは、でーっかいキュウリをひとつくれました。なので、ヤードセールでなにか買おう、と、まあまあきれいで使えそうな掛け時計を手に取り、ばあちゃんに値段を聞くと、25セントって!!帰り際に、「アヒル売ります」って、看板があるのに気づきました。なんだか長居しちゃって、買い物に行くのがめんどくさくなりそうでした。
 
ばあちゃんのキュウリ、長さ30センチくらいだったかな。普通、大きいと種が大きくて、食べる部分がスポンジみたいでおいしくなかったりする(アメリカの大きいキュウリは敬遠しています)のですが、やっぱり採れたてだからか、みずみずしくて、種も小さく、この大きさのキュウリにしては、いい感じでしたので、即、塩漬けにしてしまいました。
 
ばあちゃんのガーデンのお写真を撮ってきたのに、パソコンに取り込んで、縮小とかしているうちに、ファイル内から消えてしまい、もう一度カメラからダウンロードもさせてもらえず、アップできない!!
 
かわりに、さっき我が家で私のほうへ向かって歩いてきたオポッサムの写真。。。。このあと、デッキの下へ。やだあ、縁の下に住んでいるのか。。。

 
こんなのここで見たのは初めて!私のことなど気にするでもなく、すたすたと歩いていました。。。オポッサム、辞書を引いても和名がない。日本にはいないのね。カンガルーみたいに、子供を袋に入れて育てて、危険な目にあうと、死んだふりをする、って、英和辞典に書いてある。死んだふり、させてみたい!
 
最近、我が家付近をうろつくもの、オポッサムのほかに、にわとり。五月に近所の家で、(推定)16羽が孵化して、家族で徘徊。夏になって、そのうちの10羽くらいが、かなり大きくなって徘徊を続けています。。。。よそのおうち(我が家やお向かいさんなど)の庭や木に居ついているんです。『なぜか毎晩、うちの木に登って眠る!そして、毎朝4時半ごろ、けたたましく叫ぶ!』と、お向かいさんが閉口ぎみ。。。。。
 
 
 
           にはとりの木に登る宵秋はじめ       涼夏
 

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form