FC2ブログ

Entries

NO.181 隠れ家

よく耳にする言葉に、「マン・ケイブ」というのがあります。
これは、Man Cave、で、男の洞穴、つまり隠れ家的部屋のことをいうようです。たいがいこれは、散らかっていても、汚くても、男子が好きなことをして心地良く過ごせる空間、男子が集まって騒ぎ童心にかえれる空間、のことをいうようです。大画面TV(スポーツ鑑賞)、冷蔵庫(ビール)、そして大カウチ・・・欲をいえば、プールテーブル(ビリヤード台)、などがあって、窓なんかなくても、掃除なんてしてなくても、かえって汚いほうが落ち着く!とかいう場所。これは、男子の隠れ家の例。ですが、我が家には、私の隠れ家的場所があります。。。。。
スクリーンルーム(網で囲われている、まあ、庭の一部、のような部屋)なので、季節によっては使用不可能なのですが、今この時期はとても気持ちがよく、毎日長時間ここですごしています。


せまいけれど、壁がないから気分がいいのです。お昼寝しちゃうこともあります。朝と午後とで気温の差が激しくて、午後になるとぽかぽかと(春でもないのに)眠くなるんです。

ステンドグラス、クリスマス用を製作中。数ヶ月前に作っていただいた作業台(以前このブログでも話題にしました)がうまくこの場所に収まって、活躍中。

我が家のマンケイヴのはずのガレージは、もう物が床に置かれ放題になっていて使用不能。はじめから自動車を入れたことは一度も無く、大きな作業台もありますが、その上はやりっぱなし、だしっぱなし、ほったらかし、の山積み状態。ここは、ヒーターを使えば冬でも作業場として使えるので、これから少しづつ片付けていこう、という話にはなっているのですが・・・・・はて。。。アーカンソーに来て、10年目に入りました。長年の山積みを整理するのは容易ではありませぬ。。。知らん。。。とりあえず私は自分の隠れ家へ。


         秋の蠅あまた現るエルニーニョ        涼夏


スポンサーサイト



NO.180 買うつもりはなかったのだけれど・・・

買うつもりじゃなかったのに、つい買ってしまったのは南瓜。ハロウィンのデコレーション用の南瓜が盛んに売られています。

中をくりぬいて、顔を作って、ロウソクをなかに入れたりするのって、けっこう楽しいんです。

でもこのところの乾燥で、アーカンソー内のほとんどの郡で、”焚き火禁止令”がでているの。。。かぼちゃにロウソクくらいは大丈夫かな。。。ハロウィンまであと二週間あるから、それまでにちょいとお湿りが欲しいところです。



     

        それぞれの南瓜に個性ありにけり        涼夏

NO.179 看護士のレゲー頭

タイトルを見て、写真があると思った方、ごめんなさい。写真はありません。

先日、夫が肝臓の摘出検査。予定の日の朝に出かければいいと思っていたのは私だけ。前日に、出かけるぞ、っといわれてびっくり。前日に血液検査をしたほうがいいらしい。。。その日の予定(!って、老人とポーカーですけど)をいきなり断って出発。

翌日の拘束時間は思ったより長く、私はゆっくり買い物。でもいろいろ出歩くと疲れてしまうので、適当に病院へ戻り、待合室にて数時間。。。感染や出血がないか、検査後の4時間を回復室にて過ごします。

その回復室で働く看護士さんが、レゲー頭の若者。。。。でした。。。。まさにストリートミュージシャン、という雰囲気。茶髪や金髪なら日本でも驚かないけど、レゲー頭、アメリカの病院でも初めてでしたね。。。。いい青年のようでした。

幸い、感染も出血もなく、帰宅することに。検査をした患者は、その日は運転を絶対にしないように、と、病院は何度も付き添いの運転手にサインをさせます。ので、運転は私。慣れない都会の道路ですが、できるときに練習もしておかないと、と気合を入れました。渋滞をうまく避けて郊外へでられました。暗くなる前に、家には無理でも近くまでたどりついていたい、とひた走ります。(田舎の夜の道は真っ暗ですから)
途中、牧場を横切るようなところで一瞬目にできた半分沈みかけの太陽が大きくてびっくりしました。



写真は、リトルロックを流れるアーカンソーリバー。川の向こう側はノースリトルロックです。

今年の秋は、エルニーニョの影響で、午後の気温が夏みたいに上がります。
10月12日はコロンバスデーで、アメリカも連休です。行楽日和がつづきます。


          ルビーより紅き太陽里の秋        涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form