FC2ブログ

Entries

NO.210 ごめんね、ゼラニウム

ゼラニウムって、枝が妙な方向へ伸びますよね。。。だもんで、挿し木でもしようと、切っちゃったんです。そうしたら、切った枝に蕾ができていて。ごめんなさい、きっとお花咲けなくなっちゃうし、挿し木を成功させるにはお花の部分はとっちゃったほうがいいかと思うし・・・

この斑入りの花が面白くて数年前に購入。冬を室内で越させましたが、ある年、失敗。大きな鉢でしたが、枯らしてしまいました、と思ったのですが、よくみると一部にグリーンの色が残っていた、その枝を挿し木にして復活していた小さな鉢植えです。


せっかくお花がいっぱい咲くところでしたのに、ごめんなさい、なのでした。。。残念。

挿し木、成功させないとなあ。。。


      
      陽だまりへ挨拶の人ゼラニウム       涼夏












スポンサーサイト



NO.209 サプライズパーティー!

きのう、以前にもこのブログでも紹介させていただいた、ボブ爺の、90歳の誕生日を祝いました。

ボブ爺には3人のお子さん、そのうち二人がアーカンソー州内に在住。彼らの企画で、ボブ爺を知るご近所さんたちが集いました。パーティーがあることは、ボブ爺には内緒。週末に訪れた娘さん一家と夕食に出かけたボブ爺が、集まった人たちを見てびっくりする、という計画でした。
ボブ爺、ほんとうに驚いていたようです。みんなからのカードをうれしそうにひとつひとつみていました。



ロウソクを吹き消したボブ爺、プレゼントは何もいらないといっていましたが、40人くらいも集まってくださったお友達、みなさんの笑顔がなによりうれしかったでしょう。。。。わたくしとジョン君も、みなさんとご一緒に、ピザとケーキをいただいてきました。





下の写真は、ひとりひとりへご挨拶にまわるボブ爺。


昔、お巡りさんだったこともあります。釣り餌やさんをして、レイクで釣り人の案内もしていました。鶏や牛も飼ったし、野菜も作りました。そして絵を描いて売りました。ボブ爺が妻のドーラとこの町に来たのは、1960年のこと。生活のために何でもやった、と話していました。。。

今度の水曜日には、おばあちゃんたちとボブ爺とでポーカーのテーブルを囲みます。ボブ爺、いつまでも元気でいてね。

       

Bob, you are the oldest friend of my life




       
       万緑や九十歳の野球帽      涼夏




NO.208 菊焼ける?

午後になると表は蒸し風呂のような暑さです。植物の水遣りなどは、朝なるべく早くにやるようにしています。それでもあちこち、ホースをひっぱって歩き回るので汗だくに。

6月ってこんなに暑かったけ??連日の30℃越えに、やっぱり地球は暑くなっている・・・を実感。7月や8月のほうが普通暑いよね。。。もっと暑くなるのかな。。。冷房の機械、大丈夫かな。あんまり酷使して壊れませんように。

ほとんどの植物がよく育っていますが、この小菊だけなんだか変。




大きめの鉢に黄色と白とを一緒に植えてあるのですが、蕾がつくものの、焼けたように外側から黒くなって枯れていくようです。はて、水はけが悪いせいか、水不足か遣り過ぎか、気温高すぎ?それとも病気か。虫か。。。とりあえずさっき、黒い蕾を切り捨てましたが、よかったでしょうか。葉っぱは元気なのですが・・・



     花殻を摘みてにはかに汗流る      涼夏




NO. 207 おともだち

お泊りのお友達なんてほとんど皆無。でもこのおともだちは、何度か我が家に来てくださっています。

今回は、ノースキャロライナで他のお友達と合流して遊んだあと、うちのジョン君と一緒にアーカンソーへ来てくれました。男子二人はまるで小学生の夏休み。毎日元気に遊んでいます。

この日は、近所の川をカヤックで下ります。


こういう遊びをする場合、協力者が必要。自動車を運転する第三者です。
自動車二台で出発、カヤックの到着地点に一台を駐車。もう一台(カヤックの積んであるピックアップトラック)に全員乗って出発地点へ。





ふたりをおいて、ピックアップトラックで帰宅すればいいのですが、親切な私は、かえってきた二人が、カヤックを積みやすいこのピックアップトラックを到着地点にもどして、駐車しておいた別の車で帰宅。

アーカンソーはとても気温が高くて、老体にはちょっと厳しいんじゃないかとおもいましたが、お二人、ご無事で、冒険を楽しんできたようでした。

出発地点は、シャーリーという町の橋の下。橋には燕の巣がいっぱいでした。






お二人、今日はボートでレイクへでて魚釣り。熱いから長時間日向にいてはだめですよ、とほんとうに子供に言い聞かせるがごとく見送りました。。。無事にもどってはきましたが、相当にお疲れ。そしてお昼寝。。。

精神年齢は年ごとに若くなっていくようです。なにをするにも面倒で腰の重い私には、考えられないけど、見習うべき一面もあるかもしれませんね。



  
     親燕飛び交ふを背に漕ぎ出せり    涼夏






NO.206 初体験

運転するのって、やっぱり大変、っていうか、誰かがしてくれるならそれにこしたことはないですね。。。旅行、ということになればいつもジョン君が運転ですから、私が運転して行く旅行は、初めてです。2000マイルの距離のある引っ越しのときは、私も二度(!!)運転しましたが、あれからもう10年近くが過ぎているのです。体力も視力も大分違いますね。。。

でも、このまま衰えるばかりではまずい。すこしは頑張ろう、ということで、お向かいの仲良し奥さんと、ユリカスプリングスへ。3時間のドライヴで行ける、観光地です。数か月前にジョン君と出かけているので、行き方や様子は学習済み。何の問題もなくすいすいと、ああ、あともう少し、30分か40分で着くわね、と安心しつつ・・・

すると突然!!え?あたし??なんで??
パトカーに止められちゃいました!!
結果からいうと、スピード違反でチケットもらっちゃいました。。。

パトカーに気付いたときの、同行者パムさんの怯えようがひどくて、それが私をナーバスにしましたが・・・お巡りさんは、かっこよくて、なんか物腰もやさしっぽくて、私はてっきり許してくれたのかと・・・・大間違いでした
 「なんか質問あったらここに電話ね」と渡された紙はしっかり違反切符でした。

それがなければ、楽しいばかりだった二人の旅でしたのに、気持ちはどっぷりと地の底ぎみ。。。。

それでも、ふだんできないことをして、たっぷり楽しみました。ホテルがなぜかアップグレードしてくれてて(料金はそのままで)、お部屋にジェット付きバスタブ。給水、給湯も完璧で、ベッド、タオルも気持ちよく、誰にでも薦められるホテルでした。『Basin Park Hotel』こちら→ http://www.basinpark.com/

ふたりとも、外食も久しぶり、ワインやビールを外で飲むのも本当に久しぶりでした。ホテルにあるレストランのバルコニーの席は、気温もちょうどよくて、最高の環境でした。

一応、人並みにお店を見て歩いてお買い物。このお帽子、気に入ってます。この街の写真は、昨年秋の「晩秋のユリカスプリングス」http://blogs.yahoo.co.jp/dealerinreno/40215307.html にアップしてあるので、今回は恥ずかしながら人物写真公開です。。。





バルコニーから道を見れば、わんことお散歩のおじさん、携帯でFBでもみてるのかなあ。。。


水曜日の夜でしたが、かなり人がいましたね。。週末は、混雑してこのダウンタウンへの車の乗り入れは大変そうです。

帰り道、制限速度の標識を気にして、もう、本当に疲れました。昨日家を出たばかりなのに、帰宅してみればなんだか随分長く留守にしちゃった気分でしたね。

ワインは美味しかったけれど、旅中は特に美味しい食べ物にはめぐまれませんでした。さっき作ってみた冷やしうどん、美味しかったわ。。。





    
    白百合の我が家静かな日暮れかな     涼夏





NO. 205 素晴らしいお天気

雨ばかりだった週がおわって、日曜日からの天気予報は毎日晴れマーク。空の色がまさに夏!

そんな日曜日の朝、ジョン君が長旅に出ていきました。幼なじみが海辺に集まる、例の会。車で東海岸まで行くのだから、一日では着かない。さすがにカリフォルニアからの参加者は飛行機で。ビーチハウスで何日か過ごして、魚釣りして・・・

往きはよいよい・・・・帰りは、飛んできたカリフォルニア君が、ジョン君の車に同乗して我が家へ来る、という計画。。。そう、うちの近所のレイクや川でまた遊ぶ。。。少年に返って本気で遊ぶひとたち、こんなこともあと何年つづけられるのか、とか思うらしく、だから本気で遊ぶらしい。一方、気が向かない仕事には全然手が出ない。

子供のように暮らすのが理想らしい。。。たとえば、映画「Stand by Me」みたいな・・・

体力は大分衰えていますから、どうぞお気をつけて、としかいいようがない。私も家中を独り占めで、楽しくやってます。。。カリフォルニア君のために、お掃除だけはしなくちゃなんないけど。

写真は、ぐんぐん育ってきた朝顔。俳句は、還暦を迎えた同級生を思って。。。








       瀬戸内の旅還暦の夏帽子      涼夏

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form