FC2ブログ

Entries

NO.287 蜘蛛のようです


前回、朝顔の写真に写っていた妙な虫、翌日も同じあたりにおりましたので、もう少しわかるように写真が撮れました。糸を吐いてぶら下がれるので、蜘蛛、と思います。



片側(左)の前二本の脚が欠損しているようにみえます。何かの理由で失ったのか、初めから無いのか。右前肢二本がとても長く、またときにハサミのように伸ばしたりもするようで、左右非対称に見えたのでした。蜘蛛にしては綺麗な色をしています。できたらなんという蜘蛛か知りたいですね。。。






  
        法師蝉途切るるたびに人恋し         涼夏







スポンサーサイト



NO.286 朝顔の写真




もうちょっとで開きそう、という蕾にはなかなかお目にかかれないので撮影。このあと、2,3時間後に開花したようです。↑


今朝は、涼しく、外を歩き回っても汗をかかず。気持ちよく、水遣り。土は乾燥していて、紫陽花の葉など、垂れ下がっていました。

このトレラスのある場所、ブドウなども植わっています。でも、土の質が悪いのか、思うように育ってくれません。朝顔や仙人の髭など、並べた鉢から成長しているものを整理して、新しい土を入れて地植えにし、綺麗に整えようというのがこの秋の私の大プロジェクト。
来年は、この「天上の青」ももっとたくさん咲くように、良い種を植えたいと思います。


最後の茗荷、4個を収穫。これは、一膳のご飯に混ぜて先ほどいただいてしまいました。シンプルが一番、刻み茗荷と鰹節の混ぜご飯、ひたすら旨し。

下の写真に写っている生物がみえるでしょうか。もう少しちゃんと撮るべきでした、と反省もしていますが・・・妙な虫です。蜘蛛の仲間か・・・・





    

        大輪を靄に浮かせて牽牛花         涼夏








NO.285 咲けばうれしき秋の花

カエルさん事件のドキドキもおさまってきました。。。が、あの場所にはまだ触れられなくて、砕いた生ごみは、あの場所から離れたところに埋めています・・・

毎年咲いてくれる小菊には癒されます。もう何年か同じ鉢に植わっている白と黄色のほかに、去年小さな苗を買ってきた赤いのが随分と成長して咲き始めてくれているのがうれしいです。




鶏頭も零れ種から咲いています。ヘッダー写真を少し秋らしく変えました。そのうちにまた紅葉の写真でも、と思います。今年は夏に雨が少なかったから綺麗な紅葉はみられないかも、といわれていますが。

零れ種、といえば、三つ葉がどうも零れ種からも沢山芽をだしているようなのです。韮のように、根っこから増えていくのかなあ、と思っていましたが、どうも種から芽が出ているようにみえます。。。韮も種から芽が出ますけどね。。。いずれも、生命力旺盛。大きな三つ葉の葉っぱを沢山採ってお味噌汁へ。スイートポテトとのコラボ!大好きな味。

まだ午後には30℃にもなり、午前中でも外で動けば汗をかき、蚊も元気にぶんぶん飛んでいます。あと数日気温は変わらないらしいです。そんななか、エアコンに支障!一晩寝苦しい夜を過ごしました。翌朝、応急処置をしてもらい、とりあえず涼しくなりましたが、コイルとやらを交換しなくてはならないとのこと。これがかなりの高額。。。苦。。。仕方がないことのようです。

あれもしなきゃ、これもしなきゃ、と思うだけで、いろいろなことが頭の中で空回りを続けています・・・何もしないうちにお腹のぜい肉だけがどんどん膨らみたるんでいく・・・一番しなくてはいけないのは運動、だと思うのですが。。。苦。




          せせらぎへ色なき風や鳥の影        涼夏








NO.284 ごめん!


謝っている相手は、ヒキガエル・・・

昨年から、まあ、ひとつの貧乏根性とでもいいますか、園芸用の土を買うとばかにならない値段なので、表に良い土を作っていこう、と思って、生ごみを細かくして埋める場所を作りました。畳一畳分くらいのところのあちこちに生ごみをミキサーで砕いたあまり気持ちのよくないものを埋めていきます。

この春、その真ん中に紅葉の苗を植えました。ひきつづき、その苗の周囲に生ごみは埋めてます。

昨日、そこへいつものように大きなシャベルをえい!と突き刺すと・・・なんと白い腹がみえて!
あわてて土をかぶせましたが・・・・ああ、たぶん即死!ならまだいいけど半殺しか・・・涙・・・

ふとみると、もう一匹が側の土の上に動きもせずにいるではないか・・・体の全長が10センチ近くある、ちょっとぶよっとしたような薄いグリーングレーとでもいうような色。しばらくは動けなかったのだろう、家族がいきなり殺されて!

少し後で写真を撮ろうと思いついたのだが、そのときはもう姿が見えなかった。。。

これからは、そおっとしか土を掘れないなあ。。。生ごみの土はヒキガエル好み?とは知りませんでしたが・・・虫の幼虫などが発生していて、それがお好みだったのかもしれないわね。とにかく!ごめんなさい。。。。冥福を祈らせていただきます。




すっかり秋めいてきました。ハナズオウの木はこんな色。 






もうすでに落葉が目立ちます。が、咲いているお花もあります。
鶏頭、小菊、べコニア、朝顔もまだちらほらと。

この写真のゼラニウムは健気に今年も咲いてくれました。去年より花が多いようです。自家製の栄養のある土を足してあげたからかしら。。。

近日中に茗荷の最後の収穫をします。。。今年は豊作でした。













         株分けて贈る鉢植秋うらら        涼夏







NO.283 酢漬け報告、そして、IRMA!


茗荷の酢漬け、旨いです。
先日、大きいのを発見した、とご報告、そして酢漬けにしてみる、といいました。。。

胡瓜とワカメの酢の物にトッピングしてみました。


こんなに綺麗にぴかぴかになるとは知りませんでした。。。うれしいビールのつまみです。




アメリカでは、巨大なハリケーンIrma(日本の報道では、イルマ、といわれてますが、それでは入間みたいでおかしいです。私には、アーマとしか聞こえません)のニュースばかりです。あと数時間でフロリダ半島に上陸です。

私達夫婦が知り合って最初に住んだのがフロリダのキーウエストという最南端の島なのです。今、ハリケーンのほぼ真下です!思い出が破壊されるようで辛いです。

すでに、380000人が停電中です。78000人が避難していると報道されています。フロリダ州各都市で風雨が激しくなっています。ジョージア、アラバマも警告地域に入りました。

巨大で、いまだに勢力は、カテゴリー3。これから、フロリダ半島の西側を北上しそうです。豪邸や贅沢なボートなどの並ぶリゾート地が破壊されそうです。怖いです。

逃げてください!としかいえない!人間は無力です。




         

        石段にいにしへの疵柿落葉         涼夏






NO.282 始まってる!


紅葉のことです。
道を走ると、木々の色が黄色っぽく思われました。すっかり涼しくなり、ようやく冷房もキックオンしなくなりました。一日で最低気温が15℉くらいも違うようです。今朝は、長袖、靴下、必須。






2,3日前まで、表に出ると蒸し暑くてたまらなかったのに、もう、なんだか陽だまりが気持ちいい!なんて感じます。九月ははじめと終りで随分と季節感が違いますよね。。。

茗荷はまだ収穫中。あらぬ方向、敷石の下で大きく膨らんで花が咲きそうになっている一個を発見。。。もう、場所が狭いのね。。。なんとかしなければ。
花の部分も酢漬けでOKと聞いているので、今日は何個か酢漬けにしたいと思います。



     
         茗荷汁今宵は窓を開け放ち        涼夏







NO.281 霧の朝

Labor Day-Weekend・・・・アメリカの勤労感謝の日、みたいな休日。これで今年の夏も終わるのね、という感慨のわく、9月の第一月曜日です。

朝7時ごろのレイクです。霧が濃くて何も見えませんが、なにやら今日も暑くなりそうな。。。

都会から遊びに来ている人たち、あとでまたひと遊びしてから帰るのでしょう、昨日遊んだカヤックが置かれたままに。



百日紅と霧の中をレイクまで行きました。どんなに雑な剪定をしても、短く切ってしまっても、翌年必ず花を咲かせる百日紅は近隣に多く植わっています。この道では、今が盛り。例年より少し遅いのかしら。











白さるすべりは、清楚な感じがしますね。
いつも、空に手向けられているように見えます。



路肩の草むらに時計草。時計草は夏の季語ですが、草の感じはなんとなく秋の草っぽいように思いました。

午後になるとボートをけん引したトラックがどんどんハイウエーに出てきます。明日からはお仕事、連休も夏も終わり、ということになります。

九月になって、霧が深い、となればすっかり秋の趣ですが、散歩を終えると汗ばむ気温。我が家付近ではしばらくまとまった雨がなく、紫陽花の葉がすっかり垂れ下がっています。水遣りせねば、です。



          湖へゆく道秋風の草つ原        涼夏










Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form