FC2ブログ

Entries

NO.199 コナジラミ

家の東側に生えている三株の柊。大分古いみたいで、葉っぱの形が丸みをおびていました。毎年花が咲いて、実がなって、その実を渡り鳥が旅の途中で食べていく、かなり楽しめる庭木でした。が、先週この庭木に異変を発見。葉も枝も、煤をかぶったごとく真っ黒!

枝の一部を地元ナーサリーへ持ち込み、お店の人に見せると、Whitefly、といわれました。。。検索すると、「コナジラミ」。。。なんだ?flyというから、蝿かい?と思いきや、虱かい?と、混乱。そのときは、黒くなった葉っぱの表側しか見てなかったので、虫じみたものは付いてなかったけど・・・と、画像の検索を進めると、真っ黒い葉っぱの写真もでてきました。。。なにやら、ややこしい生物。下の写真は、ネット(フロリダでひろまっているらしい被害の記事)から拝借。うちのとそっくり。


以下は、検索結果のコピペ。
幼虫は翅がなく、最初の脱皮まで(1齢)は脚があって移動するが、その後の2~4齢(「」と呼ぶこともある)は脚がなくなり、葉裏などに固着して吸汁し続ける。その後、脚と翅のある成虫になる。不完全変態であるが、特異なタイプのため異変態ともいう。成虫は体長1ミリ前後、大型の翅があり、粉状の蝋質で覆われている。>
黒いものがなんなのか、というのがいまひとつわからないのだが、この生物の成長過程で生ずるものなのは確かなよう。。。。他の植物にも移動するとのことだし、真っ黒な葉っぱは醜いし、で、ジョン君とふたりで早速行動開始。あらかた切ってしまい、殺虫剤をスプレーしました。葉っぱの裏!白い卵だか、幼虫だか、いっぱいありました!全部燃やしちゃいました。

で、こんな感じ。。。さて、新しい葉っぱはでるのか、殺虫剤は効くのか。

「コナジラミ」は、カメムシ目、コナジラミ科の昆虫の総称だそうで、なんとその種類は1550種と説明がありました。うちに来てくれたのが、XXXコナジラミなのか知りませんけど、もう来て欲しくないです。

相変わらず花粉が飛んで、目薬、や錠剤が手放せません。それでも外に出たくなるお日和です。種を蒔いたり、鉢植えを整えたり。午後は、少し動くと汗ばむ気温です。

     豆の種蒔けば朝靄消えゆけり      涼夏


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://ryokakinkyou62.blog.fc2.com/tb.php/201-6b751418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form