FC2ブログ

Entries

NO.4 楽しい田舎のオークション



「エステート・オークション」と呼ばれるオークションは、そのお家にあるもの全部を処分するためのもので、家具やら食器、衣類、工具、自動車、何でもが対象となります。
 オークション業者というのがあって、売り手は処分を依頼します。業者は地域の新聞に広告を出したり、当日、商品を並べる等の準備から一切のオークションを仕切るわけです。田舎町でのこと、オークション会場で会う顔とは顔なじみになり易く、貴重な社交の場ともなっています。参加者は受付で登録をして番号をもらいます。小さいオークションなら買い手の数(通し番号の数)は50人程度です。
 この日会場となったお宅は、我が家の隣町にあります・・・ここがまた、寂れたところでして・・・
お家の中には1950年頃からずっと眠っていたようなものもあったようで、細かく見ると価値のあるものがポツポツと・・・よく見る顔のアンティークショップを営む人、コレクターっぽい人などが、お目当てのものを競り落とそうと頑張っておりました。人気が高いのは、古い手作りキルト、ガラス瓶、鋳物製品などなど。写真(下)は$100以上で取引されていたバター製造用のガラス容器。二つある同じような大きなガラス瓶、奥のものはガラスにひびが入っているのですが、手前のは傷がありません。蓋の部分についているハンドルを回すと中のプロペラのようなものが回転して攪拌できる仕組みになっています。この、蓋の部分はずいぶん残っている(保存されている)そうですが、ガラス容器がオリジナルのまま残っている例は少ないとのこと。なるほど、初めてお目にかかりました。かつてこのお宅ではバターは自家製だったのでしょうな・・・
 
 大変蒸し暑い日で、最後まで見届けるには厳しい状況でしたが、携帯用の椅子と水やスナックを持参していたし、なかなか面白いものがあったしで、飽きもせずに数時間がたっていました。


       夏草や息吹き返す古道具      涼夏

スポンサーサイト



コメント

[C30] No title

バターチャーン、以前欲しくてよく見てまわりました。
状態が良く、それ相応な値段のものは数少ないです。
ここはそれでもかなり多くのバターチャーンがありますね。
  • 2008-08-10 07:19
  • hi_nikoniko
  • URL
  • 編集

[C31] No title

にこにこさん、コメントありがとう。ここ、お宅からも近いところでしたよ・・・いつかご一緒しましょうね。

「バターチャーン」っていうんですか。知りませんでした。
  • 2008-08-10 14:08
  • Ryoka
  • URL
  • 編集

[C32] No title

形見分けかい?

写真を拝見していると、一切合切、「形見分け会」のようですね。
出品者はご健在なのでしょうか。
余計な心配ですが。
  • 2008-08-17 18:21
  • mizuta
  • URL
  • 編集

[C33] No title

お察しのとおり、遺族が処分のためにオークションを行う場合も多いと思いますね・・・単なる移住の場合、単なる大掃除!もあると思いますが。詳しく確かめたわけじゃないですけど。
  • 2008-08-18 06:20
  • Ryoka
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
https://ryokakinkyou62.blog.fc2.com/tb.php/5-a5073046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Monthly Archives

Recent Trackbacks

Profile

FRyoka

1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Extra

Profile

FRyoka

Author:FRyoka
1993年渡米、2006年からアーカンソー州在住の隠居。日本の人への近況報告をします。

ステンドグラス・オーナメント制作、庭いじり、などしています。
俳人。

Latest journals

Monthly archive

Search form